株式会社iVacation スマート民泊を実現するIoTデバイス「TATERU Phone(タテルフォン)」の研究開発に着手

株式会社iVacationが、スマート民泊を実現するIoTデバイス、スマホでできる“おもてなし”「TATERU Phone」の研究開発に着手

  • アプリではじめるアパート経営「TATERU(タテル)」の開発・運営を行う株式会社インベスターズクラウドの子会社株式会社iVacationが研究開発を実施。
  • 「TATERU Phone」は、民泊宿泊者に無料でレンタルを行い、日本で快適に過ごしていただくためのIoTデバイス。
  • スマート民泊を可能にするため、チェックイン、チェックアウトはもちろんのこと、スマートキーの利用や、チャットでの問い合わせなども多言語で対応する予定。
  • 将来的には飲食店や土産店からのメッセージやクーポン、またルートナビゲートや店舗サイトの表示、口コミ投稿などが出来るよう利用者がスマートに旅行を楽しめる機能を充実していく予定。

民泊運営と一体化して、利用者の利便性を実現できるツールになりそうです。

リリース詳細

LINK

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください