京都府内での民泊規制について

京都市長の会見

7/22現在までにおける、京都市長の民泊に関する主な会見内容です。

調査結果を踏まえ、対応窓口(民泊110番)などを設置している京都市ですが、営業中止の指導に踏み切ったようです。

また、関連ビジネスにも影響が出ており、京都市内でのサービスを取りやめる事業者も出てきています。

東京都内でも、台東区のように独自の条例を制定し規制していく姿勢を見せている自治体もあります。国による規制緩和の動きは日数制限を設けつつも進んでいますが、新規で民泊を行うには物件選びを慎重に行う必要があるようです。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください