特区民泊が2泊3日へ規制緩和か。

宿泊日数制限を現状の「6泊7日」から実態に即した「2泊3日」へ

  • 日経新聞2016年8月5日付において、民泊特区の規制緩和の記事が掲載されている。
  • 宿泊日数制限を「6泊7日」を「2泊3日」へ
  • 期間の長さが申請件数の伸び悩みの原因と考えられるため、2泊3日の規制となれば、申請件数が一気に増加する可能性も秘めている。

他のメディアで取り上げられていませんが、特区民泊の宿泊規制が緩和される見通しです。大阪府 松井一郎知事の要望が通った形になります。積極的に取り組みたい自治体の首長が集まって動いてくれると特区認定地域主導型で合法民泊の実施体制が整っていきやすくなるのかもしれません。

情報元 「Airstair」

LINK

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください