リオ五輪期間の民泊、Airbnbが宿泊者数や料金など公表

ホスト収益は2500万米ドル超など

  • 期間中の宿泊者数は当初予想の5万5000人を上回る6万6000人で、国内客と海外客の割合は1対1。
  • 1泊あたりの平均宿泊料金は165米ドル(3人部屋)、1予約当たりの平均宿泊日数は6泊。
  • Airbnbのゲストによるリオ市内での1日あたりの平均支出額は136米ドルと試算し、会期中に見込まれる経済活動は7600万米ドルと見込み。

東京オリンピックの際にも参考になりそうなデータが発表されました。リオでのホテルの供給不足が当初言われていましたが、公式スポンサーとして参加していたAirbnbが期待されていた役割を果たせたと言えそうです。

情報元 「Travel Voice」

LINK

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください