スペースマーケット、ベネフィット・ワンと提携

シェアスペースを福利厚生メニューとして提供

  • 時間貸しシェアスペースマーケットを運営するスペースマーケットと、企業福利厚生サービスを運営するベネフィトワンが業務提携。
  • スペースマーケット掲載スペースを福利厚生メニューとして提供することにより、シェアスペースの利用促進を図る。
  • ベネフィット・ワンは、現在国内6,453団体、約785万人の会員(2016年4月時点)に対して、宿泊施設や飲食店、介護・育児等の約100万件のサービスを優待価格で利用できる福利厚生サービス「ベネフィット・ステーション」を提供。

シェアリングエコノミーサービスが、企業福利厚生のメニューに追加されます。社内イベントなどでスペースマーケットが利用されているケースがもあり、まさに、Win-Winの提携と言えそうです。

情報元 「Venture Times」

LINK

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください