神奈川県知事 特区民泊推進の意向

民泊で「特区の活用進めていく」

  • 黒岩祐治知事は13日、外国人観光客の受け入れ対策としての「民泊」について「国家戦略特区による民泊は有効性がある。可能な地域から特区の活用を進めていく」との考えを示した。
  • 神奈川県も導入に向け、県内自治体や各旅館組合など意見交換を重ねてきた。
  • 宿泊ニーズの状況が地域で異なることから、一律の特区活用ではなく市町村の意向を尊重してほしいとの要望があった。
  • 黒岩知事は「民泊が広がる状況が整う。制度の円滑な運営に向け着実に取り組む」と述べた。

神奈川県が特区民泊活用を進めるというニュースです。横浜、箱根、鎌倉などの有名な観光地が多く存在する神奈川県。どのエリアで特区を活用していくのか注目したいところです。

情報元 「@Nifty ニュース」

LINK

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください