政府「シェアリングエコノミー」安全確保へ指針案を固める

シェアリングエコノミー仲介業者への運営に関する指針案

  • <サービスの提供者や利用者の本人確認の徹底、相談窓口の設置などを盛り込んでいる/li>
  • 今回定める指針は、シェアリングエコノミーの仲介事業者が分野や業界にかかわらず守るべき基本的なルールとなる
  • 仲介業者が守るべきルールとして、サービス提供者や利用者に対し、何かあった場合に連絡が取れるよう電話番号などを登録させることを求めている
  • 民泊等のトラブルが懸念されるサービスについては、運転免許証などによる本人確認を徹底

シェアリングエコノミー仲介事業者に対する安全確保への指針案が示されました。海外でもルール化が進んでおり、急速に進んでいるシェアリングエコノミービジネスに一定のルールを設けることで利用者の安全確保が促進されることが期待されます。

情報元 「読売新聞」

LINK

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください