政府 民泊の全国調査を実施

15,000件を対象に調査を実施予定

  • 厚生労働省は10月にも、全国の約1万5000件の民泊物件を対象にした初の全国調査に乗り出す
  • 調査ではまず、仲介サイトの情報から、保健所のある都道府県や政令市など全国142自治体で、各100件以上の物件を抽出
  • 所在地や運営者のほか、戸建てかマンションかといった物件の種類、宿泊料金などの情報を収集し、営業形態などを分析する

政府が民泊に対する本格的な調査を実施というニュースです。政府内で正確な情報を得て、トラブルへの対策に役立てようとする趣旨とのことです。

情報元 「読売新聞」

LINK

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください