民泊利用者向け保険を発売 損保ジャパン

シェアリングエコノミー協会を通じて11月より発売予定

  • 損害保険大手の損保ジャパン日本興亜が、一般住宅を宿泊施設として利用する「民泊」の利用者を対象とした新しい保険を11月にも発売する
  • 民泊で利用した住宅や隣家に火災を起こしてしまった場合、利用者が損害賠償を求められる可能性がある
  • 急病時などに英語や中国語、韓国語での24時間対応のサービスを追加で受けることもできる

民泊宿泊者向けの国内初の保険サービスが誕生します。業界団体である、シェアリングエコノミー協会を通じて販売を行っていくようです。来年度の法制化に向け着実に基盤が整いつつあります。

情報元 「産経ニュース」

LINK

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください