特区民泊の最低滞在日数「2泊3日」へ緩和

改正「国家戦略特別区域法施行令」10月28日に公布、10月31日の施行

  • 家戦略特区法に基づく民泊制度の最低滞在日数要件を、現行の6泊7日以上から2泊3日以上への引き下げる政令改正を決定
  • 宿泊者名簿設置とその記載、および、特定認定の申請前の周辺住民に対する説明や住民からの問い合わせの対応などを規定

以前の記事での政府方針のとおり、特区民泊の日数が2泊3日へ緩和されます。大阪市での説明会参加者人数が400名を超えたとのニュースもあり、日数緩和によって参入を計画する事業者も増加するのではないかと見込まれています。

情報元 「Travel Vision」

LINK

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください