民泊の新法へ最終案が固まる、住宅専用地域でも可能、仲介業者は旅行業法とは別枠組みに

民泊新法の最終案要点

  • 住宅用途地域でも運営可能に
  • 180日以内の日数制限(今後、具体的な日数検討)
  • 「家主不在型」「家主居住型」の2タイプで規制
  • 広さ制限は簡易宿所と同等(3.3平米/宿泊者)
  • 仲介事業者の規制も新設

2016年度中に制定予定とのことです。

最終報告書案

LINK

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください