北九州市 特区民泊の説明会を開催

1月16日 特区民泊の実施の手続きに関する説明会を開催

  • 2017年1月から2拍3日の民泊事業を開始
  • 北九州市の目指す特区民泊は、「都市と田舎が共存するまち」という特長を強みとし、観光客に北九州市の魅力を堪能してもらうとともに、観光・地域振興が図れるよう「自然体験」と「地域住民との交流」をテーマとした民泊を郊外で実施推進していくもの
  • 参考ページ:北九州市の「国家戦略特区」への指定について

北九州市で特区民泊が開始されました。「郊外」「交流」などのキーワードから、都市部ではなく、周辺地域への観光客の誘導を図る意図が垣間見えます。地方での取り組みの先進例として注目していきたいところです。

情報元 「NHK News」

LINK

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください