民泊新法案概要が判明

次期通常国会へ法案提出へ

  • 旅館業法の許可制よりも簡易な届け出制とし、住宅専用地域での営業も認める
  • 「家主居住型(ホームステイ型)」「家主不在型(投資型)」に分類
  • 民泊サービスの提供に都道府県の届け出を必要、また、感染症や伝染病の予防の為に一定の衛生管理、近隣トラブル予防のため苦情対応を義務づけ
  • 営業可能日数180日以内

民泊新法の概要がほぼ確定となりました。次期通常国会に法案として提出される予定です。昨年内に議論されていた内容と比較してほぼ変更はないようです。

情報元 「産経ニュース」

LINK

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください