ALSOK 民泊に関する意識調査を実施

東京・大阪在住の30歳以上の男女500人を対象にインターネット調査を実施

  • 「近所に空き家がある」人は31.0% 半数以上が「誰かに定住してほしい」
  • 民泊の基準緩和 「ルールを作った上であれば賛成」42.6%
  • 近所の民泊「安全安心が担保されたら賛成」43.6%
  • 清掃・防犯対策がしっかりしていて安価であれば民泊を利用したい 17.4%

国内における民泊の意識調査結果が発表されました。「清掃」「防犯」「価格が安い」などの条件が整えば利用したいという層は17.4%という結果に。今後環境が整備されていくことで、民泊への認識も変化していくものと思われます。

情報元 「ALSOK ニュースリリース」

LINK

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください