中国のシェアリングエコノミー 2016年は57兆円市場へ

「数年間は年平均40%前後の成長を維持する」との予測も

  • 中国の国家信息中心、インターネット協会が2月末にレポートを発表
  • 2016年のシェアリングエコノミー市場は前年比103%増の3兆4520億元(約56兆9000億円)に
  • 取引額が大きかった上位3位は生活サービス(7233億元。約11兆9000億円)、生産能力(3380億元。約5兆6000億円)、交通(2038億元。約3兆4000億円)
  • 成長率が高かったのは知識・技能(前年比205%増)、住居・宿泊(同131%増)、医療(同121%増)

今後も大きく伸びていくとの予測が出ています。成長率の伸びで知識・技能が大きく伸びています。フリーランスな働き方が増えているのかもしれませんね。

情報元 エキサイトニュース

LINK

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください